ロマンス小説を読む日記

翻訳ロマンスやティーンズラブなどの女性向けロマンス小説をひたすら紹介しています

今日の一冊(75)逃亡者と富豪を結びつけたもの

孤独な富豪(ハーレクイン・イマージュ)

孤独な富豪 (ハーレクイン・イマージュ)

 

長さ ■■■■
重さ ■■■■
起伏 ■■■■
甘さ ■■
濃さ ■■

 

・著者:ルーシー・ゴードン

・訳者:松本果蓮

・あらすじ:ローマへ向かう列車の中、イギリス人のホリーは裁判官のマッテオと娘のリツァに出逢う。マッテオはホリーが警察から逃げていることを知ると自分の屋敷でかくまうと言う。ホリーを気にいっていたリツァは、一緒にいられることになって大喜びだ。

しかし法を守る立場のマッテオが犯罪者かもしれないホリーをかばうのはなぜか、その真意がわからない。疑心暗鬼のホリーにマッテオはある取引を申し出る。

・注目ポイント:ホリーの逃走劇から始まり、豪邸での暮らし、マッテオ親子の愛情と葛藤、マッテオに迫る危機など盛りだくさんで飽きさせません。娘のリツァが話の軸になっており、恋愛要素はやや少なめ。

今日の一冊(74)我慢ばかりのヒロインが変わるきっかけは

俺様上司と身代わり恋愛!?(マカロン文庫)

俺様上司と身代わり恋愛!? (マカロン文庫)

注目ポイント:誤解されやすいヒロインが心配でしょうがない

ヒーローの俺様度 ★☆☆☆☆

長さ ■■
重さ ■■
起伏
甘さ
濃さ ■■

 

・著者:pinori

・イラスト:(記載なし)

・あらすじ:会社員のゆずは、自分さえ我慢すれば丸くおさまると思ってしまう性格。それが災いしてダメ男とばかり付き合ってきた。仕事でも後輩から軽く見られて指導がうまくいかず悩んでいる。

ある日ゆずは友人に頼まれ、替え玉としてお見合いをすることになる。相手は課長の桐崎だった。桐崎も付き合いでお見合いを断れなかったという。彼と話をする中でゆずは自分の悩みを打ち明ける。

 

今日の一冊(73)お見合い婚のその先は

最愛婚 ~私、すてきな旦那さまに出会いました~(ベリーズ文庫)

最愛婚―私、すてきな旦那さまに出会いました (ベリーズ文庫)

注目ポイント:愛情深いヒロインに後押しされて自分探しをするヒーローの物語

家族関係重め度 ★★★★★

長さ ■■■■
重さ ■■■■
起伏 ■■
甘さ ■■
濃さ ■■

 

・著者:西ナナヲ

・イラスト:(記載なし)

・あらすじ:桃子は先方からぜひ話を進めたいと言われてお見合い相手の久人と再会する。久人は桃子と結婚したいのは早急に結婚する必要が出たからで、問題のない相手なら誰でもよかったと失礼なことを言い出す。その一方で、結婚したらけっこう幸せにする自信があるとも。無礼で自分勝手な人なのになんだか憎めない。久人に惹かれるものを感じた桃子は彼との結婚を決めた。
二人の間に熱烈な恋愛感情はないけれど、久人は優しく暖かく桃子のことを包み込んでくれる。二人で同じ時間を過ごすことでだんだんと相手のことを理解して、愛情と信頼をはぐくみつつある――桃子はそう思っていた。久人の秘密を知るまでは。

 

今日の一冊(72)お人好しヒロインが幸せをつかむまで

婚内レンアイ! ~契約のハズが最高のイチャらぶ夫婦になりました~(オパール文庫)

婚内レンアイ!! 契約のハズが最高のイチャらぶ夫婦になりました (オパール文庫)

注目ポイント:ライバルや障害物の少ない穏やかな恋愛もの

ヒロインのお人好し度 ★★★★★

家族関係重め度 ★★★☆☆

長さ ■■■
重さ ■■■
起伏 ■■
甘さ ■■■■
濃さ ■■

 

・著者:麻生ミカリ

・イラスト:アオイ冬子

・あらすじ:今日は智世の結婚式。相手の久里浜晴臣は物流業界のトップ企業の社長で、智世の同僚たちからは『王子』と呼ばれるほどの美男子だ。誰もがうらやむこの結婚が、実は交際期間ゼロ日の偽装結婚だということは、智世と晴臣だけの秘密だった。条件はただ一つ、お互いに相手を好きにならないこと。

きっかけは去年のクリスマス、華やかなパーティ会場でスタッフとして働く智世に届けられた一切れのブッシュドノエルだった。

 

今日の一冊(71)祖国を失った王女

軍人愛 ~囚われの王女とクールな近衛兵~(ティアラ文庫

軍人愛 囚われの王女とクールな近衛兵 (ティアラ文庫)

注目ポイント:「囚われの姫」ものはなんたって冬がベストマッチ

お約束度 ★★★★★

冬の空気度 ★★★★☆

長さ ■■■
重さ ■■■■
起伏 ■■■
甘さ ■■■■
濃さ ■■■■

 

・著者:水城のあ

・イラスト:gamu

・あらすじ:アシュトン王国の王女アナスタシアは隣国ウォルフェンゲンの侵攻に遭って家族も祖国も失った。逃げのびたアナスタシアは復讐のためウォルフェンゲン王に一人で奇襲を仕掛けるが、近衛大将のグレンに捕まって彼の屋敷に幽閉されてしまう。

――夢の中で思い出すのは幼い時の幸せな記憶、そして婚約者だったフレデリックのこと。しかし目を覚ましたアナスタシアの前にいたのはグレンだった。

 

今日の一冊(70)不思議な軟禁生活

王太子殿下は囚われ姫を愛したくてたまらない(ベリーズ文庫)

王太子殿下は囚われ姫を愛したくてたまらない (ベリーズ文庫)

注目ポイント:ヒロインを甘やかしつつ自分もちゃっかり甘えているヒーロー

まったり度 ★★★★★

登場人物の人の良さ度 ★★★★★

長さ ■■■■
重さ ■■■
起伏
甘さ ■■■■
濃さ

 

・著者:pinori

・イラスト:山田パン

・あらすじ:テネーブル王国は厳しい身分制を敷いており、王族がすべての富を独占していた。クレアは王女でありながら平民の血を引いていたため、他の王族から疎まれて塔に幽閉されて育った。

ある日、隣国のグランツ王国の軍隊が王城に攻め込んできた。テネーブル王国の平民による革命に、グランツ王国が手を貸したのだ。クレアは王族としての責任感から塔にとどまり、シオンという騎士に捕らえられる。クレアはグランツ王国の王太子の命によって王城に軟禁された。

軟禁とはいえ、衣食住が豊かに整えられた生活は塔での生活より遥かに快適だった。さらにクレアを気に入ったシオンがあれこれ世話を焼いてくるものだから、クレアは戸惑う一方だ。

 

 ◇ ◇ ◇

 

以下も幽閉された王女の話。定番ゆえにいろんなバリエーションがあります。 

yanetan.hateblo.jp

yanetan.hateblo.jp

yanetan.hateblo.jp

 

今日の一冊(69)美しい人形になって

生贄の花嫁 ~背徳の罠と囚われの乙女~(蜜猫文庫)

生贄の花嫁 背徳の罠と囚われの乙女 (蜜猫文庫)

注目ポイント:全編に流れる妖しげな雰囲気が独特。後半はぐっとスリリングな展開に。流血あり注意

ダーク度 ★★★★

サスペンス度 ★★★★

 

長さ ■■■■
重さ ■■■■
起伏 ■■■■
甘さ ■■■■
濃さ ■■■■■

 

・著者:如月

・イラスト:すがはらりゅう

・あらすじ:貧しい町娘のヴィオラは知り合いの人形師に頼まれて、ゼンマイ仕掛けの踊る人形に成りすますことになった。二日後には本物の人形が納品できるので、それまでの時間稼ぎをしてほしいという。

人形を買ったのは伯爵子息のアレックス。人形として舞踏会に臨んだヴィオラはダンスをやりとげてほっとしていたが、アレックスは彼女が人間であることを一目で見抜いていた。彼はヴィオラを自分のそばに置き、何が目的なのか確かめようとする。